スタッフ紹介

HOME >> スタッフ紹介
企業イメージ

牛島社長

メッセージ

お客様の立場に立ったきめ細かいサービスを ご提供いたします。 お掃除のことなら光陽にお任せください。

武士道精神の男 横山

メッセージ

居合道で鍛えぬかれた武士道精神と、持ち前のど根性で、幾多の艱難現場を乗り越えてきただけに皆から気合の男として慕われています。
また日本史に詳しく、またタツノコプロで撮影監督などを務め上げた経歴をハウスクリーニングの諸作業に活かし、日々更なる躍進に挑戦し続けています。

知恵をめぐらせ、頭を使え 悩み抜け抜け男なら。
泣くも笑うも決断一つ 勝って驕るな 敗れて泣くな。
男 涙は見せぬもの・・・
右か左か戻るか行くか、ここが覚悟の決めどころ。
一度決めたら二の足踏むな、俺も行くから君も行け・・・

特技:居合・早起き

仕上げの達人 丹生

メッセージ

仕上げのきめ細かさに自信あり。
得意な作業は台所周り、もちろん自分の家もピッカピカです。
華麗なダンスの心得を活かし、軽やかなステップで磨き上げます。
そのステップの一つ一つは、単なる脚の動きだけでなく、体全体の関節動きの集大成であります。
積小為大、常に細かなことを疎かにせず、博愛の精神を持って行動することが大事だと考え、常日頃から仕上がりの真理をとめどなく求め続け挑戦しております。

芝刈り縄ない草鞋を作り、親の手を助け弟を世話し、兄弟仲良く孝行尽くす、手本は二宮金次郎・・・

特技:ダンス 家事

百戦錬磨のつわもの 北野

メッセージ

高知出身。我が国の防人、陸上自衛隊第13師団に於いて、国際連合平和維持活動(PKO)カンボジア派遣の際、第一次派遣施設大隊の一員として活躍。

数々の試練を乗り越え、ガッツの北野と皆からの信望も厚く、日頃サイクリングで心身を鍛え、益々血気盛んに腕を磨き、技術とサービスの向上に取り組んでおります。

南国土佐を後にして都に来てから幾歳ぞ 
思い出します故郷の友が 門出に歌ったよさこい節を
土佐の高知の播磨屋橋で 坊さんかんざし買うを見た・・・

特技:サイクリング 

敏腕スタッフリーダー 牛島レシ

メッセージ

ハウスクリーニングに於けるトータルテクノロジーを常に追求し続け、スピードと無駄のない仕上がりを総合的に身につけた敏腕クリーニングスタッフリーダーとして、日々の作業に邁進しております。

寒風酷暑ものかわと艱難辛苦うち耐えて、整備にあたるつわものが、しっかりやってきてくれと愛機に祈る親ごころ・・・

特技:家事・ビリヤード

スマイルメーカー 内堀

メッセージ

暑い、寒い、きつい、つらい。そんな物とも一生お供しなければならないのならば、せめて笑ってお供しよう。
ひどく暑い現場でも、手足かじかむ寒空の下の現場でも、きつさ、辛さをサラリとかわす。
下にうつむくスタッフも、彼女の声をひと聞きすれば、たちまちユンケル皇帝液。
歌と踊りが大の得意で、お酒もちょっぴり好きなよう。スマイルメーカーとして縁の下の力持ち。
愛妻家の旦那さんと愛娘への想いを胸に、ひたすらに前に進まんと日々の現場にいそしんでまいります。

一ィ二ィ三ィ四ォ五ッ六ゥ七ァ、八日九日十日経ち、ニョッキリ芽が出る山の上、山の上。
小さな杉の子顔出して、はいはいお日様こんにちは。これを眺めた椎の木はあっはっはのあっはっはと大笑い、大笑い・・・

特技:ダンス・カラオケ

人生楽ありゃ苦もあるさ 宮田

メッセージ

数枚のフェルト生地、綿、身の回りにある細かな部材など。
単純に繊維質の物質や個体。しかしイメージした動物たちの形に少しづつ変わっていく。
完成した愛くるしいぬいぐるみに、元の材料の無機質なイメージはない。
かといって生きているかのようでもない。ぬいぐるみはアニメや絵から飛び出した三次元空間のよう。
清掃の過程も似ているのだろうか。全く以って美しさの欠片もない汚れた空間が、手間をかけて次第に綺麗になっていく。それは正に禊といえるのではないでしょうか。
事務作業と諸雑務から現場作業まで幅広い業務に携わり、勉強の積み重ねで日々精進して参ります。
水戸黄門で知られる水戸藩主の徳川光圀公ゆかりの地、水戸出身。

人生楽ありゃ苦もあるさ 涙のあとには虹も出る 
歩いて行くんだ しっかりと
自分の道を 踏みしめて・・・

特技:ぬいぐるみ作り


顧みはせじ 佐藤

メッセージ

一枚の真っ白な画用紙に、まず鉛筆を載せる。

目の前の対象物をそのまま写実的に描いてみる。そのままであれば写真で構わない。
しかし、その対象物と抽象的な自分のイメージをあわせてながら画用紙いっぱいに表現していく。
伝えたいことを言葉で表したり、絵や音楽で表現する。
こんな楽しい事ができる人間は、なんて素晴らしいのでしょう。細胞の集まりでできているヒトが、感情を持って人間になっている。
それが命なんだと。
中今を生きる・・・親がいて、おじいさん、おばあさんがいる。
ひいおじいさんとひいおばあさんが居た。
そして自分に子供がいて孫が出来ていく。
その生命の連鎖の中、今を生きているのです。
今自分がこうして生きていられるのは誰のおかげでしょうか。日本が今こんなおちゃらけた時代を過ごせるのは誰の犠牲のもと成り立っているのでしょうか。
感謝の気持ちはいつ何時も忘れてはならないでしょう。
そんな思いで日々の業務にいそしむ。
そして日本の何処かが少しだけ綺麗になっていく。

海行かば水漬く屍 山行かば草生す屍 大君の辺にこそ死なめ 顧みはせじ・・・

特技:絵画・音楽活動


▲PAGE OP